【2020年8月】ブランディング。ブランディングがあれば無敵!でもどうやって、、、ブランディングの基礎講座

 

 

みんなブランド品好きですよね。

アイザックも嫌いではないですけどね。

 

 

狂ったようにブランド品を求める人もいますしね笑

 

 

何がそんなに人を狂わせるくらいに

人を惹きつけるんでしょう。

 

このブログを読みながら

思い当たるブランドに当てはめてみてください!

 

余談ですけど貧乏な人または貧乏に向かっていく人の特徴は、

一点豪華主義なんじゃね?って研究も出てるらしいですよ?

気を付けてください?笑

 

ではいきましょう!!

 

 

 

「商品を売りたいのであれば、商品を売るな!」

 

 

まずブランディングとは何か

商品やサービス以外のもの(付加価値)をPRすること」です。

 

男女関係でいうなら

Marketing 「あなたが好きです」

Advertising「好きです」「好きです」「好きです」不特定多数に片っ端から告白

PR    「あなたが好きみたいだよ」と伝えてもらう

Branding 「好きよ」と言わせる

 

「好きよ」って言わせれるもんなら言わせたいですよね?

そのためにはブランディングを学ぶ必要があるんです。

 

 

ブランディングは4種類

①コーポレートブランディング(会社のブランディング)

  どう顧客とつながるかのブランディング

  ex)HP、ロゴ、パンフレット、代表者、提携先、資本金、法務など

 

②プロダクトデザイン(商品のブランディング)

  何を売るのかのブランディング

  ex)価格、材料、パッケージ、雰囲気、デザイン、希少性、認可、資格、効果など

 

③マーケティングデザイン(どういうチャネルに出すか)

  どう広めるかのブランディング 

  ex)チャネル、ターゲット、メディア、口コミ、SNS、キャッチコピー

 

④セールスブランディング(どういう販売をするのか)

  どう売るのかのブランディング

  ex)販売方法、提携先選定

 

もしブランディングがないと、

負のスパイラルに陥り事業は続かない

 

   ↗ シェア低下 → 価格競争  ↘

PR削減   <負のスパイラル>  サービス競争

↖ コスト削減 ← 利益率低下 ← 自社コスト ↙

 

 

 

競合を把握はするが、競合を作ってはいけない

コポレートブランディングというのは

「○○だが、○○ではないと明確に明言する」ことです。

 

 

○○専門店や○○特化型店というのは

スモールビジネスに最適なブランディング手法。

例えばGoogle

「広告会社だが、広告会社ではない」といえますよね。

 

 

ブランディングというのは商品やサービス以外のもの(付加価値)をPRすること

 

付加価値をPRするには、

その付加価値(空間・商品・エンターテイメントなど)を伝えたり、体験させること

が必要になります。

 

「1杯500円のスタバ」と「1杯100円のマック」のコーヒー

値段だけでみるとマックで買いますよね?

でも、スタバで買いません?

 

スタバは400円の付加価値を生み出しているんです。

すべて直営店で営業しているので

座席を減らしたり、回転数を上げることをさせず、

店のスペースを確保してゆったりとした空間を提供。

 

こうやってコーヒーを売るのではなく

空間という付加価値を売っているのです。

 

 

 

アイザックもブランディング高めなくては!

 

ではまた!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました